チャービル

【学 名】 Anthriscus cerefolium
【分 類】 セリ科・シャク属
【別 名】 セルフィーユ
【種 類】 一年草
【草 丈】 30~60cm
【原産地】 ヨーロッパ・西アジア


属名のアントリスクスはセリ科のある植物につけられたギリシア名で
種小名ケレフォリウムは蝋質の葉という意味を持ちます。

フランス料理では、「フィヌ・ゼルブ(香草を混ぜ合わせたもの)」として
昔から有名なハーブです。
薬効もあって、パセリよりも甘い芳香が特徴的です。
フランス料理の香辛料としては、生のままパセリのように使います。
魚や肉料理などの風味付けに使用され、特に卵との相性が抜群に良いといわれています。

アーカイブ