ディル

【学 名】  Anethum graveolens
【分 類】  セリ科・イノンド属
【別 名】  イノンド
【種 類】  一年草
【草 丈】  60cm~100cm
【原産地】  地中海沿岸・西アジア
【精油成分】  カルボン、リモネン


ディルは古代エジプトから薬用に使われたハーブで
ギリシア人はディルにしゃっくりを止める効果があることを知っていたそうです。
ディルの語源は、古代のスカンジナビア語で「鎮める」という意味の「dilla」が由来です。
フェンネルと似ていて見分けがつきにくいですが
丈が60~100cmとフェンネルより低く、中空の直立した茎に
糸のように細かい切れ込みの入った葉が羽のように広がります。
同じ小さな密集した黄色い花が、傘というより
直径20cmほどの平たいまとまりになってつき、卵形の平たい種子が実ります。

「禍害なるかな、偽善なる学者、パリサイ人よ、
汝らはミント、ディル、クミンで10分1税として納めて、
律法の中にても重き公平とあわれみ忠信とを等閑にす」(マタイ伝第23章23)

聖書のこの記述から、これらのハーブが税金の代用として
重んじられていたことがよくわかります。

中世では、聖ヨハネ前夜祭に、黒魔術の魔よけとして盛んに用いられていました。
また北アメリカへの初期の移住者は、長い説教を聴くときに
このハーブの種子をもらって噛む習慣がありました。


このディルの果実を乾燥させたものがディル・シーズで
精油成分はカルボン、リモネンです。
古くから薬として用いてこられたもので、芳香、駆風薬とされました。
また鎮静作用があり、むずがる赤ちゃんにこの液汁を飲ませました。
乾燥させた葉やシーズを枕に入れると安眠が得られるといわれています。

葉や開花前の蕾は、肉、魚、卵料理やスープ、ポテトサラダなどに。
若い葉は、バターやクリームチーズに練りこみ
種子や花は、ピクルスやビネガー、オイルに漬け込みます。

アーカイブ