フェンネル

【学 名】 Foeniculum vulgare
【分 類】 セリ科・ウイキョウ属
【別 名】 スイートフェンネル・アマウイキョウ
【種 類】 二~多年草
【草 丈】 100~200cm
【原産地】 地中海沿岸・アジア
【精油成分】 アネトール


茎を食用とするフローレンスフェンネル、
葉がブロンズ色のブロンズフェンネルがあります。
鮮やかな緑色、黄色の染料がとれます。
全体的にディルに似ていますが、ディルよりも大きく日本ではウイキョウとも呼ばれます。

属名のフォエニクルムはフォエヌム(乾草)に由来し
種小名ウルガレは”普通の”という意味です。
茎は直立し、細い羽状の葉が密生します。
葉は明るい緑で柔らかく、中空の茎の先に小さな黄色い花を傘状に密集して付けます。
果実は熟すと楕円体になり、長さ7~10mmで乾燥すると離れます。


果実(シーズ)の精油成分はアネトールで
芳香性健胃、駆風、去痰薬、矯味、矯臭薬にされ、催乳の効果もあるといわれています。
香味料としては生葉もシーズも魚にあうハーブとして有名です。
若い葉はサラダなどに使います。
インド料理では食後に口中を爽やかにしてくれるこのシーズが提供されます。
ソース、カレー粉などの原料にもされます。
茎葉は料理の風味づけに、葉や花はサラダやスープに浮かせて利用します。
また、葉と種はバスハーブとしての使用も可能なので幅広い活用が可能なハーブです。

アーカイブ