ホップ

【学 名】 Humulus lupulus
【分 類】 クワ科・カラハナソウ属
【別 名】 セイヨウハラハナソウ
【種 類】 多年草
【草 丈】 6m
【原産地】 北半球の温帯


ホップは雌雄異株で、蔓状にほかの木や植物に絡みながら成長し、高さは6mにもなります。
茎も葉もざらざらとしていて、鋸歯状の3~5つに分かれた葉が対生し、
雌花はかさの大きな花をつけ、雄花は目立たない薄黄色の花です。

1世紀のローマの博物学者プリニウスによれば、ホップは当時の庭園の植物として、
また野菜としての扱いも一般的でした。
春にはわき芽が市場で売られ、アスパラガス等と同じように食べていました。
しかし、8世紀ごろにはもっぱらビールの殺菌剤、保存料、風味付けとして
全ヨーロッパで広く使われ、現代でも主にビールの原料として知られています。

アーカイブ