マジョラム

【学 名】  Origanum majorana
【分 類】  シソ科ハナハッカ属
【別 名】  マヨラナ
【種 類】  多年草
【草 丈】  30cm~60cm
【原産地】  ヨーロッパ
【精油成分】  テルピネン


属名のオリガヌムは、「oros-山」と「ganus-美」を意味しており
山の喜びを意味していると言われています。
イギリスでは、マジョラムは「マジェラム」または「マージェロム」として知られていました。
この言葉の由来は定かではありませんが
たぶん真珠という意味のギリシャ語「マルガロン」という言葉、
近年ではマーガレットという女性名から派生したのではないかと推察されています。
薄い毛に覆われた白灰緑色の小さな葉と、甘い香りを持つ多年草。
白い結び目のような、小さな花が咲きます。
耐寒性がないので、寒冷地では一年草として育てることもあります。


マジョラムの茎や葉には、淡いミントのような香りがあり
肉料理の香味としてよく使われます。
花や葉を使うハーブティーは鎮静作用や消化促進効果があります。

「これには体を元気づけ、開放し、消耗させ、浄化する効能がある。
 この粉末をワインに浸すか、粉末をワインに浸して沸かしたものは腹部をまことによく暖める。
 またこれは消化を促す。さらにまた、マジョラムの葉と花をとり
 それらを少し砕いて鍋に入れて加熱し、それを苦痛のある箇所につける。
 これは腸内ガスによる胃腸の病気を癒す。(『バンクスの薬草誌)」

「普通種のスイートマジョラムは、内服したり外用したりすることによって
 体を温め、頭・腹・筋肉その他の部分の
 冷性の疾病による不調を好転させる。(ニコラス・カルペッパー)」

マジョラムは緩下剤として腸の蠕動を刺激し、それを強める働きがあります。
これはまた、その消化促進・駆風作用にも繋がります。
それと同時に、マジョラムは腸の痙攣を治しますので
疝痛・痙攣性消化不良に有益です。
神経系統への作用は、主に鎮静・強壮効果です。

またマジョラムは、不眠症および不安症の症状に有効です。
そこに高血圧が伴う場合に特に役立ちます。
またチック症とヒステリーにも用いられて、良好な評価を収めています。

これらの効能から古代ギリシャ人はマジョラムを医薬品として、
また香料ならびに化粧品として広く用いました。

アーカイブ